パラグアイ情報

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

入国情報

パラグアイへの入国に際し、以下が必要となる。

  • ア 入国前24時間以内に厚生福祉省ウェブページ(www.vigisalud.gov.py/dvcf)の健康質問票への記入(ブラジルからの渡航者は同健康質問票に記入したことを証明するQRコードの提示が必要)(※)。
  • イ 航空機の搭乗前72時間以内に受検した新型コロナウイルスの陰性証明書の提出(抗原・抗体検査不可)(10歳未満の者及び入国前14日から90日までの間に新型コロナウイルスに罹患したことを証明できる場合は不要。ただし、ブラジルからの渡航者は全ての者が対象となる。)。
  • ウ パラグアイ非居住者は、国際医療保険の加入証明書の提示(パラグアイ人、パラグアイ人の父又は母を持つ18歳未満の者、パラグアイ居住の外国人並びにメルコスール加盟国及び準加盟国(アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、ベネズエラ、ボリビア、チリ、コロンビア、エクアドル、ガイアナ、ペルー、スリナム)の居住者は、同証明書は不要。)。
  • ※ ブラジルからの渡航者は到着日から起算し、最低7日間の隔離を自宅又はホテル等にて行わなければならない。またブラジル国内で24時間未満のトランジットを行った者は、隔離の必要はないが陰性証明書の提出が必要。

 

出典:外務省ホームページ 外務省海外安全HPより↓

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

 

ニュースリンク

パラグアイ (訂正)【新型コロナウイルス】パラグアイ入国者に対する水際対策措置

パラグアイ 【新型コロナウイルス】パラグアイ入国者に対する水際対策措置

パラグアイ 【新型コロナウイルス】外出制限に関する新たな大統領令の公布