香港 新型コロナ(その128:香港の検疫措置の強化について)

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

17日(火)、香港政府は、世界的な感染状況の悪化及びデルタ株の感染力を考慮して、8月20日(金)午前0:00から、以下のとおり検疫措置を強化することを発表しました。
1 グループB(日本を含む中リスク国)からの入境者の指定検疫ホテルにおける強制検疫期間は、ワクチン完全接種者でかつ香港出境前に取得した抗体検査の陽性結果証明を有する場合(香港居民のみ対象)でも最低14日間とする。当館注:この措置により、6月30日より実施されていた抗体検査の陽性結果の提示による検疫期間の短縮(14日→7日)は実施されなくなります。これを受け、18日から開始予定であった香港国際空港での抗体検査についても中止となりました。)

2 各グループとも入境後のウイルス検査回数を少なくとも6回に引き上げる。また,自己観察期間中の6回目の強制検査は地区検査センターで実施する。

3 ご参考までに,グループBに関して,変更前後の措置の内容を纏めると以下のとおりです。○非ワクチン完全接種者(香港居民のみ)
(従来(~8/19)の措置)         (8/20~の措置)・指定ホテルにおいて21日間の強制検疫 → 指定ホテルにおいて21日間の強制検疫・強制検疫期間中に4回のウイルス検査 → 強制検疫期間中に6回のウイルス検査
○ワクチン完全接種者(香港居民及び非香港居民)・指定ホテルにおいて14日間の強制検疫 → 指定ホテルにおいて14日間の強制検疫
・強制検疫期間中に3回のウイルス検査  → 強制検疫期間中に4回のウイルス検査・強制検疫後7日間の自己観察      → 強制検疫後7日間の自己観察
・16, 19日目に強制ウイルス検査  → 16, 19日目に強制ウイルス検査(19日目は地区検査センター)

他のグループの変更前後の措置の内容については、以下リンクの「「ワクチン・バブル」下の香港入境時の強制検疫措置等の緩和」の表にまとめておりますのでご参照ください。https://www.hk.emb-japan.go.jp/files/100221279.pdf

(香港政府プレスリリース)https://www.info.gov.hk/gia/general/202108/17/P2021081700867.htm

香港入境及び日本入国に係る諸手続について、当館HPトップページにとりまとめて掲載しておりますので,渡航のご予定のある方は事前にご確認ください。
https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

◆◆◆問い合わせ先◆◆◆
『 在香港日本国総領事館(領事部)』電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
住所:46/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※当館は緊急と判断される事態には土日休日を含め24時間対応しますので、万一、新型コロナウイルス感染症に感染と診断されるなどの場合には代表電話にご連絡ください。

出典:外務省ホームページ 外務省海外安全HPより↓
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=117928