アルゼンチン情報

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

入国情報

非居住外国人の入国を禁止する。ただし、以下の者については特定の空港、港及び国境(注)において入国を例外的に認める。

  • ア 運送業者及び乗務員等
  • イ 移民局が明示的に許可した者(労働、商用、外交、スポーツ行事参加者、家族再会等)
  • ウ 乗継客(空港滞在時間24時間以内)
注:入国が認められる空港・港
  • ・エセイサ国際空港(ブエノスアイレス州)
  • ・アエロパルケ・ホルヘ・ニューベリー国際空港(ブエノスアイレス市)
  • ・サンフェルナンド国際空港(ブエノスアイレス州)
  • ・ブエノスアイレス港(水上バス「ブケブス」ターミナル)(ブエノスアイレス市)

 

入国に当たっての主な検疫措置は以下のとおり。

  • ア 渡航前48時間以内にオンライン上で誓約書フォーマットを記入し、搭乗時に提示。
  • イ 渡航前72時間以内にPCR検査を受け、同陰性結果を上記アに添付する形でアップロードの上、搭乗時に提示。
  • ウ (外国人非居住者の場合)滞在期間中の新型コロナウイルスに伴う入院・隔離等が例外・制限なくカバーされる海外旅行保険に加入し、関連資料を上記アに添付する形でアップロード。
  • エ 入国時に抗原検査を受検し、陰性だった場合、各州又はブエノスアイレス市当局指定の場所で義務的隔離を行う。入国から7日目に再びPCR検査を受検し、陰性であれば隔離義務は終了する。なお、検査及び隔離に係る費用はいずれも渡航者が負担する。

ただし、以下の者については、別途の保健当局の規則に従うことで、例外的に自主隔離の対象外となる。

  • ・国際的な運送業者及び乗務員
  • ・移民局が明示的に許可した者(外交・公務、スポーツ行事参加、不可欠な労働・商用目的)

 

出典:外務省ホームページ 外務省海外安全HPより↓

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

 

ニュースリンク

アルゼンチン 9月15~16日ユダヤ教祝日キム・ヨプールに係る当地警察による警戒

アルゼンチン 【ご案内】ブエノスアイレス市パレルモ地区モトチョロス(バイクを使用した2人組ひったくり強盗)多発地域マップ

アルゼンチン 【ご案内】海外安全対策情報(9月)の当館ホームページ掲載