アメリカ合衆国(米国)情報

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

入国情報

米国時間2021年11月8日から、米国への入国(空路)に際しては、18歳以上の非移民である非米国市民に対し、ワクチン接種証明の提示が義務付けられる(一部免除あり。※)。

また、2021年12月6日から、ワクチン接種の有無にかかわらず、2歳以上の全ての旅客に対し、米国への「出発前1日以内」に取得した新型コロナウイルス検査の陰性証明書が求められる。

上記に加え、全ての渡航者に「宣誓書」の提出が求められる。

 

※免除が認められる者

  •  以下の者は、「宣誓書」等を航空会社に提示することで免除される。
  •  ●18歳未満の者
  •  ●健康上、ワクチン接種が禁忌である者(医師の署名等が記載されたレターが必要。)等

 

ワクチン接種証明の免除を受けて入国した場合、米国入国から3~5日後の検査、及び陰性であっても7日間の自己隔離の手配が必要(ただし、18歳未満の者については、ワクチン接種証明を保持する大人に同伴して入国する場合は、コロナ感染が疑われる症状が無い限り、隔離は不要。また、過去90日以内にコロナ陽性より回復したとの証明がある場合を除く。)。

●CDC(米国疾病予防管理センター)発表、プレスリリース

https://www.cdc.gov/media/releases/2021/p1025-International-Travel-System.html

●CDC(米国疾病予防管理センター)発表、命令文・宣誓書フォーマット等

https://www.cdc.gov/quarantine/order-safe-travel.html

●CDC、宣誓書フォーマット

https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/combined-passenger-attestation-p.pdf

 

(北マリアナ諸島)

全ての渡航者に、政府指定施設における5日間の隔離措置が課される。到着時及び到着後5日目の検査で陰性となれば、隔離措置は解除される。

※上記措置の詳細については、在サイパン領事事務所HP(https://www.hagatna.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/saipan_top_j.html)を参照。

(グアム)

全ての渡航者に、政府指定施設における10日間の強制隔離が課される。ただし、隔離5日目又は6日目に任意で検査を受けて陰性だった場合は、7日目の隔離完了後、強制隔離措置は解除される。なお、検査を受けないことを選択した場合は、10日目まで強制隔離措置が継続される。

10日間の強制隔離措置は、①写真付き身分証明書、②ワクチン接種記録、③ワクチン接種証明書及び④陰性証明書を入国時に提示した場合には免除される(④はグアムへの出発前3日以内に受検したPCR検査、又は出発前1日以内に受検した抗原検査の陰性証明書であること。)。

※上記措置の詳細や隔離措置の免除対象等については、在ハガッニャ日本国総領事館HP(https://www.hagatna.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html)を参照。

(ハワイ州)

直行便で渡航する日本人を含む外国籍の渡航者については、ワクチン接種証明書及び出発前3日以内に受検した新型コロナウイルス検査(PCR NAAT検査又は抗原検査)の陰性証明書の提示が必要である。

※上記措置の詳細については、在ホノルル日本国総領事館HP(https://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html)を参照。

 

査証(ビザ)情報

※査証(ビザ)情報につきましてはコロナ禍により流動的となっております。
必ず大使館HP等で最新の情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

短期商用や観光目的での渡米の場合は条件を満たせばビザ無しで90日以下の渡航が可能です。(ビザ免除プログラム(VWP))
・ESTAの登録が必要
・VWP対象国籍の方(日本含む)
・滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持

詳細は下記ビザ免除プログラムページをご確認ください。
https://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-visawaiverinfo.asp#esta

 

ワクチン情報

米国疾病予防管理センター(CDC)は、米国到着後の検査及び自主隔離の要否について、主に以下を推奨している。

<ワクチン接種完了者>

・到着後3~5日以内に検査を受ける(陽性結果が出た場合、自主隔離。)。
・新型コロナウイルス感染症の症状を自己観察する(症状が出た場合、自主隔離および検査。)。
・州および地域(州政府、地方政府)の推奨事項または要件に従う。

<ワクチン接種未完了者>

・到着後3~5日以内に検査を受けるとともに、到着後7日間は自主隔離する(検査結果が陰性であったとしても、7日間は自主隔離。)。
・検査を受けない場合は、到着後10日間は自主隔離する。
・検査を受けるかどうかに関係なく、14日間は重症化リスクが高い人に近づかない。
・州及び地域(州政府、地方政府)の推奨事項又は要件に従う。

(注)下記の州のほかにも、州・地方政府(郡、市など)レベルで感染拡大を抑制するための各種行動制限措置がとられている場合があるため、渡航先の州・地方政府の措置に注意が必要。

 

ニュース一覧

アメリカ(米国)ニュース記事一覧

 

出典

外務省ホームページ 外務省海外安全HP

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

在アメリカ合衆国日本国大使館

https://www.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在日米国大使館と領事館

https://jp.usembassy.gov/ja/