イタリア情報

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

入国情報

ア 日本からイタリアへの入国に際して求められる要件は以下のとおり。

イタリアへ入国するための公共交通機関に乗る際、デジタル又は紙のフォーマットで、以下の(ア)~(ウ)を提示すること。(ア)~(ウ)を全て提示すれば、入国後の5日間自己隔離は免除となる。

(ア)ワクチン接種証明書(※1)又は治癒証明書(※2)

(イ)イタリア入国前72時間以内に実施したPCR検査又は抗原検査の陰性証明書

(ウ)Passenger Locator Form(居所情報に関するデジタルまたは紙のフォーマット)

なお、上記(ア)又は(イ)のいずれかを提示しない場合も、入国は認められるが(※3)、イタリア入国後、Passenger Locator Formに登録した住所で5日間自己隔離を実施し、隔離終了時にPCR検査又は抗原検査を受ける義務がある。(ウ)を提示しない場合、入国は認められない。

※1 ワクチン接種証明書とは、欧州医薬品庁(EMA)が認めた新型コロナウイルスワクチン(ファイザー製、モデルナ製、アストラゼネカ製、ジョンソン・エンド・ジョンソン製)を接種し、規定の回数のワクチン接種完了から少なくとも14日以上が経過したことを示すもの。

※2 保健当局が発行する、新型コロナウイルス感染症から回復したことを証明する治癒証明書(有効期限は、陽性が判明した日から180日以内。)

※3 (ア)又は(イ)のいずれかを提示することは入国に当たって必須です。また、陰性証明書については、航空会社が搭乗に必要として提示を求めることがありますので、御利用になる航空会社に必ず事前に確認ください。

 

イ イタリアは、各国・地域を感染状況に応じてA~Eリストに分類している。現在日本はDリストに含まれており、上記アの条件で入国が可能。一方、入国前14日以内にリストEの国・地域で滞在又は乗換えした者については、一定の理由又は条件に該当する場合にのみ入国を認める。

 

【参考ページ】

① 在イタリア日本国大使館(日本からの入国について)

https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_20210828OMS.html

② イタリア保健省(リストごとの入国条件)

https://www.salute.gov.it/portale/nuovocoronavirus/dettaglioContenutiNuovoCoronavirus.jsp?lingua=english&id=5412&area=nuovoCoronavirus&menu=vuoto

ウ その他

 

イタリア政府は、入国に際し、新型コロナウイルス接触確認アプリ「Immuni(インムーニ)」のダウンロードを推奨している(https://www.immuni.italia.it/)。

出典:外務省ホームページ 外務省海外安全HPより↓

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

 

ニュースリンク

イタリア サンマリノにおける新型コロナウイルス感染防止対策(緊急政令第173号)

イタリア 新型コロナウイルス感染拡大防止のためのイタリア政府の措置:新たな保健省命令

イタリア 新型コロナウイルス感染拡大防止のためのイタリア政府の措置:新たな保健省命令