インドネシア情報

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

入国情報

2022年6月9日現在、
・出発の14日以上前に2回の接種を完了していることを示すワクチン接種証明書の提示が必要
・入国時のRT-PCR検査陰性証明書提示は不要
・入国後の隔離措置はない
※ワクチン接種回数が1回以下の場合には、5×24時間のホテル隔離が必要
・PeduliLindungi app内の健康状態申告書(e-HAC)提出が必要

※閣僚級以上の訪問に同行する外交・公用査証保持者、18歳未満の者、コロナ罹患歴があり回復証明書を提示する者、健康上の理由によりワクチン接種が不可である旨の診断書を提示する者については、ワクチン接種証明書提示免除
※保護者が同伴する18歳未満の子どもについては、ワクチン接種の回数に関わらず、同伴する親・保護者の隔離期間に合わせて隔離される(ホテル隔離なし)

 

入国可能者は以下の通り

・査証、APECトラベルビジネスカード、滞在許可(一時滞在許可(ITAS)/定住許可(ITAP)等)の所持者

・日本を含む43の国籍の外国人に対して、ジャカルタやバリ島を含む7空港、8港湾、4地上国境で発給される特別到着査証(VOA)が発給された者

※査証免除は引き続き停止中

4月6日、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港を含む主要空港等における日本人に対する観光及び政府用務目的の特別到着ビザ(VOA)の発給が開始されました。

詳細は以下のリンクをご参照ください。

https://www.hhbt.co.jp/visa/60269/

到着ビザ(VOA)を取得し、入国するのに必要なもの:
1) 発行料金50万ルピア(米ドル、日本円の紙幣も利用可。お釣りはインドネシアルピア)
2) パスポートの残存6か月以上
3) 出発の14日前までに接種を完了(2回以上)のワクチン証明書(英語)
4) プドゥリリンドゥンギ(PeduliLindungi app)アプリ内のE-HACの入力
5) インドネシアから出国する予約済の航空券

 

2022年3月7日より、バリ島イ・グスティ・ングラ・ライ国際空港及びタンジュン・ブノア港において、日本を含む23か国の国籍の外国人に対し、観光及び公用目的の特別到着ビザ(以下、「特別到着ビザ」という)の発給を開始しました。詳細は以下のリンクをご参照ください。

https://www.hhbt.co.jp/visa/58384/

2022年3月8日に発出されたバリ島、バタム島、ビンタン島での入国特別措置につきましては以下のリンクをご参照ください。

https://www.hhbt.co.jp/visa/58386/

 

 

査証(ビザ)情報

※査証(ビザ)情報につきましてはコロナ禍により流動的となっております。必ず大使館HP等で最新の情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

9月15日から査証発給が再開されているが、訪問査証はビジネス及び政府業務、一時滞在査証はビジネス・投資及び家族合流と、新規に受けられる査証申請の渡航目的は限られている。

 

ワクチン情報

インドネシア政府は、インドネシア国内での活動に際してワクチン接種証明書の提示を義務付けている。

アプリ「PeduliLindungi」でスクリーニングを行う。日本で接種したワクチン接種証明書を「PeduliLindungi」で表示するためには、保健省専用ウェブサイト( https://vaksinln.dto.kemkes.go.id )で認証申請手続きが必要となる。

 

ニュース一覧

インドネシアニュース記事一覧

 

出典

外務省ホームページ 外務省海外安全HP

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

在インドネシア大使館ホームページ

https://www.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html