日本の新たな水際対策 日本への入国・帰国時措置について

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

2022年8月15日更新
新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置

1 日本への入国及び帰国の際には、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提示が必要となっており、「出国前72時間以内の検査証明書」が提示できない場合、検疫法に基づき、日本への上陸が認められていません。

2 日本への帰国・入国に際する出国前検査証明書について、これまでは外国で取得した検査証明書のみ有効としてきましたが、令和4年8月15日午前0時(日本時間)日本到着以降は、日本から外国へ短期渡航する者が、日本出国前に日本で検査証明書を取得し、且つその検査証明書が外国を出国する前72時間以内に取得(検体採取)されたものである場合(※)、日本への帰国(再入国)に当たり有効な検査証明書として取り扱います。
※検体採取日時から日本帰国時の搭乗便の出発予定時刻までが72時間以内であるほか、有効な検体、検査法等の必要事項を全て満たす必要があります。

3 詳細については、下記の厚生労働省ホームページにあるQ&Aをご参照下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

令和4年6月以降の水際対策について

国・地域を「赤」「黄」「青」の3つに区分する。


入国後の公共交通機関の使用について

入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、引き続き、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用を可能とします。

「赤」区分の国・地域からの帰国者・入国者

【指定の『ブースター接種』に関する証明がない場合】
・出国予定時刻前72時間以内に検体を採取した新型コロナウイルス感染症陰性証明の提出
・入国時検査の実施
・検疫所が確保する宿泊施設での3日間待機
・宿泊施設で受けた検査結果が陰性であれば退所後の自宅待機等は不要

【指定の『ブースター接種』に関する証明がある場合】
・出国予定時刻前72時間以内に検体を採取した新型コロナウイルス感染症陰性証明の提出
・入国時検査の実施
・入国後5日目(入国日翌日を1日目として起算)までの自宅等での待機
・空港から自宅等の待機場所への移動において、入国時検査(検体採取)から24時間以内までは自宅等を目的地とする必要最小限のルートに限り、公共交通機関の使用が可能
・上記待機中、入国後3日目(入国日翌日を1日目として起算)以降に認められる検査実施機関で自主的にPCR検査又は抗原定量検査を受け(自己負担)、陰性結果を厚生労働省に届け出た場合、厚生労働省の確認
後の自宅等待機の継続を求めない。
・待機解除後は公共交通機関の使用が可能

「黄」区分の国・地域からの帰国者・入国者

【指定の『ブースター接種』に関する証明がない場合】
・出国予定時刻前72時間以内に検体を採取した新型コロナウイルス感染症陰性証明の提出
・入国時検査の実施
・入国後5日目(入国日翌日を1日目として起算)までの自宅等での待機
・空港から自宅等の待機場所への移動において、入国時検査(検体採取)から24時間以内までは自宅等を目的地とする必要最小限のルートに限り、公共交通機関の使用が可能
・上記待機中、入国後3日目(入国日翌日を1日目として起算)以降に認められる検査実施機関で自主的にPCR検査又は抗原定量検査を受け(自己負担)、陰性結果を厚生労働省に届け出た場合、厚生労働省の確認
後の自宅等待機の継続を求めない。
・待機解除後は公共交通機関の使用が可能

【指定の『ブースター接種』に関する証明がある場合】
・出国予定時刻前72時間以内に検体を採取した新型コロナウイルス感染症陰性証明の提出
・日本入国時における検査なし・入国後の自宅等での待機不要
・入国後から公共交通機関の使用が可能

「青」区分の国・地域からの帰国者・入国者

【ワクチン3回目接種有無は問わない】
・出国予定時刻前72時間以内に検体を採取した新型コロナウイルス感染症陰性証明の提出
・入国時検査不要
・入国後の自宅待機不要

※有効なワクチン接種証明書について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_vaccine.html

※水際対策強化に係る新たな措置(28)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100347631.pdf

日本帰国・入国時の出国前検査の検体について

1 日本への入国及び帰国の際には、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提示が必要となっており、
「出国前72時間以内の検査証明書」が提示できない場合、検疫法に基づき、日本への上陸が認められていません。

2 日本への帰国・入国に際する出国前検査の検体について、これまでは「鼻咽頭ぬぐい液」、「唾液」及び「鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液の混合検体」のみが有効な検体として認められていましたが、令和4年3月9日午前0時(日本時間)日本到着以降は、「鼻腔ぬぐい液」についても有効な検体に追加されることになりました。

3 また、検査証明書の様式として厚生労働省指定の所定フォーマットの使用を原則お願いしてきましたが、上記2の変更に伴い所定フォーマットも改訂が行われましたので、日本への入国・帰国の前に出国前検査証明を今後取得される場合には、厚生労働省指定の新しいフォーマットの使用をお願いいたします。

4 詳細については、下記の厚生労働省ホームページをご参照下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

検疫所の施設待機・自宅等待機に伴う誓約書

日本入国前に滞在した国・地域に応じて、検疫所が確保する宿泊施設または自宅等待機する方は、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。待機期間中における公共交通機関の不使用、自宅等での待機等について誓約いただくことになります。

フォーマットはこちらをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html

検疫手続事前登録(ファストトラック)について

ファストトラックとは、海外から日本に入国する前に、MySOS WebまたはMySOSアプリで、あらかじめ検疫手続きの一部を済ませておくものです。
「日本到着予定時刻の6時間前」までに事前審査の申請を行っていただく必要があります。
ファストトラックが利用できない場合、質問票記入を事前に終わらせる必要があります。質問票WEBより回答し、QRコードを作成してください。QRコードはスクリーンショットで保存または印刷し、検疫時に提示をしてください。

・MySOSがインストールされたスマートフォン等
・パスポート番号
・ワクチン接種証明書(任意)
・検査証明書(出国前72時間以内のもの)

1. MySOSアプリをインストール

「日本入国前に検疫手続きの一部をアプリで行うことが可能です。こちらの機能を利用しますか。」というメッセージが表示されたら「はい」を選択してください。

2. 登録画面をひらく

MySOSアプリの「検疫手続事前登録」ボタンをタップしてください。

3.MySOSアプリから必要書類を登録

アプリの指示に従って、質問票・誓約書・ワクチン接種証明書(「有・無」を選択)・出国前72時間以内の検査証明書を登録してください。
この時の画面は赤色です。

4.審査

センターでの登録内容の確認が完了するとアプリ画面が緑または青に変わります。
*搭乗便到着予定日時の6時間前までに申請していれば、入国までに審査完了します。

画面が黄色の場合→検査証明書を事前に登録せず空港で提示する場合、または事前審査が進行中の場合は、アプリ画面は黄色となります。
画面が赤色の場合→申請内容に不備がある場合は、赤色になります。再登録してください。

5.日本入国時MySOSの画面を見せる

緑色または青色の画面の場合、下記の手続きが画面を見せるだけで完了します。

  • MySOSダウンロードの確認
  • 質問票、誓約書の入力
  • ワクチン接種証明書有無の確認
  • 出国前72時間以内の検査証明書の確認

黄色の画面の場合、下記の手続きが画面を見せるだけで完了します。

  • MySOSダウンロードの確認
  • 質問票、誓約書の入力
  • ワクチン接種証明書有無の確認

1. メール認証

日本入国前に検疫手続きの一部をWebで行うことが可能です。下記のQRコードまたはURLでMySOS Webにアクセスし、メールアドレスを登録してください。

https://mysos.allm-team.net/fasttrack/signup/

2. ログイン

MySOS Webにログインしてください。

https://mysos.allm-team.net/fasttrack/login/

3.MySOS Webから必要書類を登録

質問票・誓約書・ワクチン接種証明書(「登録する・登録しない」を選択)・出国前72時間以内の検査証明書を登録してください。

4.審査

センターでの登録内容の確認が完了すると画面が緑または青に変わります。
*搭乗便到着予定日時の6時間前までに申請していれば、入国までに審査完了します。

画面が黄色の場合→検査証明書を事前に登録せず空港で提示する場合、または事前審査が進行中の場合は、アプリ画面は黄色となります。
画面が赤色の場合→申請内容に不備がある場合は、赤色になります。再登録してください。

5.日本入国時MySOS Webの画面を見せる

緑色または青色の画面の場合、下記の手続きが画面を見せるだけで完了します。

  • MySOSダウンロードの確認
  • 質問票、誓約書の入力
  • ワクチン接種証明書有無の確認
  • 出国前72時間以内の検査証明書の確認

黄色の画面の場合、下記の手続きが画面を見せるだけで完了します。

  • MySOSダウンロードの確認
  • 質問票、誓約書の入力
  • ワクチン接種証明書有無の確認

詳細はこちらをご覧ください

https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/

(問い合わせ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

外務省新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

厚生労働省ページ 水際対策に係る新たな措置について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

 

 

各国情報一覧へ