韓国情報

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

入国情報

弊社では韓国査証代理申請を承っております。詳細は下記査証(ビザ)情報URLよりご確認ください。

1.韓国入国前準備書類
(1)陰性確認書
出発日0時基準48時間以内に検査したPCR陰性確認書
または発日0時基準24時間以内に検査した専門家用抗原検査(RAT, AG, Antigen)陰性確認書

①検査方法
• NAATs(Nucleicacidamplificationtests)技法*に基づいた検査
* 遺伝子増幅検出(RT-PCRLAMPTMASDANEAR等)に基づいた検査
• または専門家用抗原検査(RATAGAntigen
※ 検査方法にかかわらず、検体採取を自ら行った場合は認められません。

②検査及び発給時点
• PCR陰性確認書:出発日0時基準48時間(2)以内に検査
* () 202212210時出発の場合、20221200時以降検査したPCR陰性確認書を提出
• 専門家用抗原検査:出発日0時基準24時間(1)以内に検査
* () 202252310時出発の場合、20225220時以降検査した専門家用抗原検査(RAT, AG, Antigen)陰性確認書を提出

③記載要綱
• 氏名*、生年月日**、検査方法、検査日付、検査結果、発給日付、検査機関名が記載されていること。
* 氏名はパスポート記載内容と同じ(パスポートと氏名が同じであればミドルネームは省略可能)
** パスポート番号、又はIDカード番号も可能

④検査結果
• 検査結果が「陰性」であること。
* 検査結果記載事項が「未決定」、「陽性」等の場合は認められません。

⑤発給言語
• 「検査方法」項目が「ハングル又は英文」で記載されていること。
* 検査方法がハングルや英文でない場合、ハングル又は英文の翻訳本と翻訳認証書類を提出する場合は認められます。(ただし、個人翻訳本は公証機関や大使館認証が必要)

(2)「検疫情報事前入力システム(Q-code)」への登録
海外入国者が検疫情報を入国前に前もって入力し、QRコードのスキャンによる検疫を実施することで、検疫所要時間の短縮及び事後管理の強化を図る。
個人情報(パスポート番号等)、入国及び滞在情報(出発国、航空券、国内滞在地、連絡先等)、入国前検査情報、健康状態質問書情報を入力後、QRコード発行(又は印刷)。

「検疫情報事前入力システム(Q-code)
https://cov19ent.kdca.go.kr/cpassportal/

2.海外入国者の隔離に関して
6/8より、ワクチン接種の有無にかかわらず隔離なし。
ただし、入国後の検査結果が「陽性」の場合は隔離措置がとられる。

3. 海外入国者のコロナ検査
短期滞在外国人入国後1日以内に仁川空港コロナウイルス検査センター又は近くの医療機関で検査実施(費用自己負担)

※ 陰性結果が確認できるまで自宅等で待機勧告
※ (追加検査)入国後6-7日目の迅速抗原検査(RAT)勧告

4. その他
●入国後、防疫交通網(自家用車、防疫タクシー、KTX 専用車両)の利用も国内防疫状況による自治体の負担等を考慮して
4月1日から中断し、すべての入国者は、公共交通機関を利用することができる。

査証(ビザ)情報

※査証(ビザ)情報につきましてはコロナ禍により流動的となっております。
必ず大使館HP等で最新の情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

韓国入国には査証が必要となります。
弊社では韓国査証代理申請を承っております。詳細は下記URLよりご確認ください。

大阪領事館管轄
※大阪領事館管轄(大阪府、京都府、 滋賀県、奈良県、 和歌山県)に住民票をお持ちの方

東京大使館管轄
※東京大使館管轄(東京都、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県)に住民票をお持ちの方

日本国籍者に対する短期訪問(C-3)査証(ビザ)申請書類のご案内(22年7月1日より実施予定)
現在お住まいのご住所の大使館・領事館管轄先にて申請が必要です。
下記は駐日本国大韓民国大使館の情報です。
詳しくは現在お住まいのご住所の大使館・領事館管轄先ホームページをご参照ください。

□ 査証発給内容
○ 滞在期間:90日以内

□一般観光及び家族訪問(C-3)

○共通書類: 査証発給申請書、パスポート(有効期間:申請日から6ヶ月以上)、写真1枚(カラー3.5×4.5cm、背景白色、6ヶ月以内撮影)、パスポートのコピー(人的事項面)
○提出書類:往復航空券のコピー
※ 8月1日(月)から8月5日(金)までの訪問者 : 8月10日(水)~9月10日(土)の出国航空券
※ 8月8日(月)から8月12日(金)までの訪問者: 8月17日(水)~9月17日(土)の出国航空券
※ 8月16日(火)から8月19日(金)までの訪問者 : 8月24日(水)~9月24日(土)の出国航空券

□セミナー、学会参加、親善試合、各種行事、各種研修(C-3)

○共通書類: 査証発給申請書、パスポート(有効期間:申請日から6ヶ月以上)、写真1枚(カラー3.5×4.5cm、背景白色、6ヶ月以内撮影)、パスポートのコピー(人的事項面)
○提出書類: 招待状(原本・官印もしくは招待する側の長の捺印・署名など)など、入国目的を証明する書類

□市場調査、相談、小規模会議、契約などの商用活動(C-3)

○共通書類: 査証発給申請書、パスポート(有効期間:申請日から6ヶ月以上)、写真1枚(カラー3.5×4.5cm、背景白色、6ヶ月以内撮影)、パスポートのコピー(人的事項面)
○提出書類: 往復航空券のコピー
機械類等の設置及び維持補修、技術指導など(営利的目的)は短期就業(C-4-5)に該当する

□査証申請方法

「領事民願24(consul.mofa.go.kr)」からの事前予約

①「領事民願24」にアクセス
②「領事民願24」ホームページ右上のログインをクリック
会員及び非会員ログイン画面に遷移します。
③非会員ログイン画面で同意を選択し、お名前、メールアドレスを入力し、認証番号発送をクリック
④メールに送られた認証番号を確認
⑤認証番号を入力し、認証確認をクリック
⑥連絡先を入力後、非会員ログインをクリック
⑦非会員ログインを確認の上「在外公館訪問予約」をクリック
⑧「在外公館訪問予約」画面で、該当の領事館、業務を選択し訪問可能な日時を選択
⑨予約内容を確認し、Captchaコードを入力。OKをクリック
⑩予約結果の紹介画面に遷移します。予約内容はメールでも届きます。

詳しくはこちらをご参照ください。
https://overseas.mofa.go.kr/jp-fukuoka-ja/brd/m_1614/view.do?seq=760126

□査証発行所要期間

○約1週間前後

□参考事項

○実施期間: 2022年7月1日~2022年12月31日(6ヶ月)
○査証発給申請書を誠実に作成しない場合、査証発給が許可されない可能性あり、追加書類を要求することもある
○航空券を提出したとしても査証発給可否とは関係なし
○変更事項が発生する場合は、ホームページでお知らせする予定である

8/30まで下記条件を満たす場合、大韓民国 電子旅行許可(K-ETA)での渡航が可能となっております。

○ 大韓民国 電子旅行許可(K-ETA) 申請対象国家追加
1. 追加国家 : 日本、台湾、マカオ
2. 対象期間 : 2022年08月04日00時(韓国時間)~2022年08月31日
3. 在留資格 : 観光・通過(B-2-1)
4. 在留期間 : 90日
5. 条留期件 : 搭乗の72時間前までに大韓民国電子旅行許可(K-ETA)の申請・取得
6. K-ETA : https://m.k-eta.go.kr/portal/board/viewboarddetail.do?bbsSn=46097
7. 申請費用 : KRW10,000
8. その他  : 仁川空港内での24時間以内の乗継は申請不要です。

ニュース一覧

韓国ニュース記事一覧

 

出典

外務省ホームページ 外務省海外安全HP

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

駐日韓国大使館ホームページ

https://overseas.mofa.go.kr/jp-ja/index.do

在韓国日本国大使館ホームページ

https://www.kr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

大韓航空ホームページ
https://www.koreanair.com/jp/ja