ベトナム情報

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

入国情報

・ パスポートの種類、入国目的に関係なく、入国日を含む15 日間の一時滞在でベトナムに入国する場合、日本を含む、該当国の国籍保持者に対し、査証(VISA)免除の適用。
・査証(VISA)免除の入国方針は、2022 年3 月15 日から2025 年3 月末までの3 年間実施され、規則に従って延⾧を検討。
・⼊国後、Covid-19 検査と隔離の必要はなくなりました。
・ワクチン接種の有無や回数は入国の条件としては規定されていません。

新型コロナウイルス感染症の流行が始まって以来、ベトナムへの入国には制限がありましたが、2022年3月15日、ベトナム政府は、新型コロナウイルスのための水際措置が適用される以前の入国手続に戻すことを発表しました。

<入国前>
(1)ベトナム行きの航空券の手配

(2) 入国後の滞在先の手配
従前同様、入国後の滞在先(ホテル等)は、ご自身で手配してください。

(3) 加入保険の確認
ベトナム入国後、新型コロナウイルス感染症にり患し、医療機関での治療が必要となる場合には、高額の医療費を請求される恐れがあります。また、当地の病院では英語や日本語は通じません。あらかじめ、新型コロナウイルス感染症及びベトナムをカバーしている「旅行保険」及び「医療サービス(医療通訳、相談、緊急搬送等)」に加入することをご検討下さい。

(4) 接種証明書
ワクチン接種済みの方は、「接種証明書」を取得してください。「接種証明書」の申請方法等につきましては、厚生労働省ホームページをご確認ください。なお、2021年12月1日以降に市町村で発行された新たな接種証明書(3回目接種まで記載されたもの)についても、既存の接種証明書と同様に、有効な証明書として認められます。ただし、ベトナム入国に当たって、接種証明書は要件とはなっておりません。

※医療申告不要、入国前のPCRあるいは迅速抗原検査の陰性証明不要となりました。

<入国時>
※ノイバイ空港到着時の事例です。到着する空港により、手続が異なる場合がありますのでご注意ください。

(1)入国審査
パスポート(査証等を含む。)の記載事項を確認します。
その後、荷物のピックアップ、税関に進みます。

(2)空港からの移動手段
タクシーやグラブにて市内に移動することが可能です。なお、タクシーでは、メーターを使用しない事例がありますのでご注意ください。

(3)その他
到着空港、隔離場所(自宅、ホテル等)への移動中の車内においても感染リスクがあることを念頭に置き、適切な防護(マスク着用、密の回避、手指消毒等)に努めてください。

<入国後の健康観察期間>

 入国日から10日以内は自己健康観察を行うこととなります。自己健康観察期間中の具体的な運用は、滞在先を通じ、地域の保健当局等にお問合せください。なお、ワクチン接種の有無によって、自己健康観察の期間が短縮や延長されることはありません。

健康観察期間中は、マスク着用、手指の消毒等の予防対策を実施してください。

査証(ビザ)情報

※査証(ビザ)情報につきましてはコロナ禍により流動的となっております。
必ず大使館HP等で最新の情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

日本人の入国については、旅券の種類及び入国目的にかかわらず、入国日から15日間の滞在については査証免除となります。

新型コロナウイルス情報

2022年6月29日午前9時時点で陽性事例と判断されたのは,計10,744,854件です。

ニュース一覧

ベトナムニュース記事一覧

出典

外務省ホームページ 外務省海外安全HP

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

在ベトナム日本国大使館ホームページ

https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona_information.html

世界保健機関(WHO)

https://www.who.int/

ベトナム航空ホームページ

https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/home