ドイツ情報

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

入国情報

日本からドイツへの入国は

・欧州医薬品庁(EMA)によって承認されたワクチンの接種が完了してから14日間経過している者

・ドイツ・EU加盟国・シェンゲン協定適用国国籍者及びその配偶者、並びに長期滞在許可所持者及びその配偶者等 に限り許可する。

ワクチン接種を完了していない場合は、ドイツ内務省が定める重要かつ必須な渡航理由を有していることを証明できる場合において、例外的に入国が可能となる(詳細については在ドイツ日本大使館HPを御参照ください: https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html#04bouekitaisakuD )。

 

日本を含む全ての国・地域からの12歳以上のドイツ入国者は

・ドイツ入国前48 時間以内(「変異株蔓延地域」からの入国者は24時間以内)に実施した抗原検査

または

・ドイツ入国前72 時間以内に実施したPCR 検査の陰性証明書 の提示が必要である

(シェンゲン域外の第三国(例えば日本)からシェンゲン域外の他の第三国(例えばアフリカ諸国)への乗り継ぎ(ドイツ入国を伴わないトランジットエリア内での乗り継ぎ)は対象外。

また、ワクチン接種証明書又は快復証明書の所持者は、新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提示は免除となる(「変異株蔓延地域」からの入国者は免除対象外。)。)。陰性証明書は英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語又はスペイン語のいずれかで記載されている必要があり、紙ベース又は電子データで提示する必要がある。

なお、日本は、入国時のデジタル入国登録及び入国後の隔離義務の対象ではない。

※新型コロナウイルス検査基準は以下の連邦保健省ウェブサイトを参照(新型コロナウイルス検査は、各国の認可された検査機関で行われた核酸増幅法(PCR、LAMP、TMA)又は抗原検査であれば問題ありません。)。

独語: https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus-infos-reisende/faq-tests-einreisende.html
英語:https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus-infos-reisende/faq-tests-Einreisende-englisch.html

 

ニュース一覧

ドイツニュース記事一覧

 

出典

外務省ホームページ 外務省海外安全HP

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html