エミレーツ航空 ドバイを出入国及び乗り継ぎをするお客様へ

エミレーツ航空

※各情報は最新・正確な情報を慎重に収集しておりますが、流動的なため予告なく変更となる場合がございます。
※フライト搭乗拒否や入国拒否された場合、その他発生した問題に対して当社は一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。
※最新情報は出典元・各国大使館/領事館・公的機関のサイト等を必ずご自身でご確認下さい。

エミレーツ航空よりドバイでの出入国、乗り継ぎに関するお知らせです。

ドバイに渡航されるお客様(観光)

ドバイに渡航するすべてのご搭乗者は、いかなる出発地(GCC諸国を含む)からのご出発であっても、
出発前72時間以内に受診した新型コロナウイルス(COVID‑19)RT‑PCR検査の陰性証明書を携行していただく必要があります。

ただし、インド、ウガンダ、ザンビア、スリランカ、ナイジェリア、パキスタン、バングラデシュ、エチオピア、ベトナム、南アフリカからの渡航については下記が必要となります。

  • 出発前48時間以内(承認を受けた医療機関で検体採取が行われた時間より計算)に発行された新型コロナウイルス(COVID‑19)PCR検査の有効なQRコード付き陰性証明書
  • 出発前6時間以内に出発空港で実施した迅速PCR検査のQRコード付き検査報告書

インドネシア、スーダン、レバノン、エジプトおよびエチオピアから到着されるご搭乗者には、
確認のため、報告書原本にリンクするQRコードが掲載された新型コロナウイルス(COVID‑19)PCR検査報告書の提示が義務付けられています。
このQRコードは、チェックインの際、また、ドバイ空港到着の際にはドバイ保健局(DHA)の代理人に提示いただく必要があります。

 

新型コロナウイルス(COVID‑19)検査機関:

アラブ首長国連邦政府より指定検査機関が指定されています。新型コロナウイルス(COVID‑19)RT‑PCR検査の受診には、リスト中の推奨検査機関または出発国で信頼された認定検査機関のいずれかをご利用いただけます。

インド、パキスタン、ナイジェリアまたはバングラデシュから渡航される場合、搭乗許可を受けるには指定検査機関のリストに記載されているいずれかの検査機関が発行した証明書が必要になります。

 

ドバイでお乗り継ぎになるお客様(観光)

お乗り継ぎのご搭乗者は、最終目的地の要件をすべて満たしていなければなりません。

インド、ウガンダ、ザンビア、スリランカ、ナイジェリア、バングラデシュ、パキスタン、ベトナム、南アフリカ
を出発してドバイでお乗り継ぎになるご搭乗者は、ご出発前72時間以内に受診された新型コロナウイルス(COVID‑19)PCR検査の陰性結果を示す証明書をご提示いただく必要があります。

これらの国を出発されたご搭乗者が、ドバイコネクトをご予約の場合、またはお乗り継ぎ時間が10時間を超える場合には、QRコード付きの新型コロナウイルス(COVID‑19)PCR検査の陰性証明書(検体採取から48時間以内であり、保健施設の承認を受けたもの)をご提示いただく必要があります。また、出発前6時間以内に出発空港で実施した検査のQRコード付きの迅速PCR検査報告書もご提示いただく必要があります。

エチオピアを出発されたご搭乗者は、出発前72時間以内に受診した新型コロナウイルス(COVID‑19)検査の陰性証明書をご提示いただく必要があります。
その他のお乗り継ぎのご搭乗者は、最終目的地で義務付けられていない限り、証明書をご提示いただく必要はありません。

 

詳細は下記エミレーツ航空HPをご確認ください。

https://www.emirates.com/jp/japanese/help/covid-19/dubai-travel-requirements/tourists/